俺の腰痛

梅雨入りしたのになかなか雨が降らない。こうなると夏の水不足が心配だ。俺の好きな沖縄はしっかり雨が降ったようだが、本州での生活あってこその沖縄ライフみたいなものがあるだけに不安だ。

 

この季節は古傷の腰が痛む。前職のトラック運転は同じ姿勢でずっといるもんだから、腰の痛みに悩まされた。これが仕事を変えるきっかけにもなったのだが、介護の仕事も腰に力を入れないといけないこともある。この瞬間は今でも痛みを伴うが、雨の日は座ってるだけでもうずうずしてくる。

みんなは俺の腰の状態を知っているから、協力してくれている。本当にありがたい限りだ。しかし、このままというわけにもいかないなー、という思いもあった。

 

そんな時、新しく入ってきた入居者が入ってきた。その方は70歳を超えているのに腰が全く曲がっていない。姿勢に美しささえ感じる姿だ。

 

それもそのはず、この人は去年まで整骨院を開いていたのだ。隠居するにあたり、自分自身が老人ホームに入って入居者の腰を改善したいという野望があるようだ。

 

そうしたことをうちの施設が許可するかどうかは別として、個人的には指導してもらいたい。激しくそう思った。

 

俺は早速仕事終わりにその人を訪ねた。夜勤明けだったので、利用者の方は午前の自由時間を過ごしている時だ。

 

俺が腰について相談すると、周りの利用者の方も腰について悩んでいるらしく、小さな講演会みたいなものが始まった。

 

腰痛はさまざまな原因があるが、正しい原因の把握と対策を講じれば自分で改善できるとのことだった。

 

講演の後、元整骨院の先生は腰痛対策トレーニングを紹介しているサイトを教えてくれた。流石前年まで働いていらっしゃるだけあり、情報機器の扱いにも慣れていらっしゃる!

 

肩こりや腰痛の治し方についてまとめているサイトはここだった。

 

これを参考にすれば、俺の腰も昔のように健全な状態に戻るかな?とりあえずはやってみよう。

父と緑内障

ゴールデンウィークも終わり、早いもので6月になってしまった。5月病にかかっていたせいもあり、ブログの更新を放置していた。反省すべき点である。

 

それも理由の一つだが、もう一つ大きな理由があってブログを書けないでいた。今回はその件に触れようと思う。というのも、俺の父が緑内障になったのだ。

父はパソコンが普及し始めたころからのエンジニアで、俺たち家族と顔を合わせるよりもシステムと過ごす時間の方が長いくらいだった。

 

仕事柄、目を酷使するので父は健康診断に加えて眼科で検査を定期的に受けていた。そんな父でも緑内障になってしまうのか、と驚きを隠せなかった。

 

 

 

せっかくここまで身を粉にして働くことで俺たち家族を養ってくれた父。やっと母との夫婦水入らずの生活でゆっくりできる時なのに、これからの景色が霞んでしまうのは残念すぎる。

 

この話を聞いてから、俺は緑内障について徹底的に調べた。専門的なことは分からないが、少しでも父の緑内障を食い止めたい、楽にできる方法はないのか、そんなことばかり考えた。

 

父は幼い頃から俺に対して、目が悪くなるようなことについては母よりも口酸っぱかった。

テレビはこれ以上前で見るな、ゲームをする時間は制限しろ、ゲームの後は裏山を見て目を休めろなどなど、簡単に思い出すだけでもこんなに出てくる。

 

きっと自分の仕事柄、息子には健全な目を保って欲しかったのかもしれない。もしかしたら、父はその頃から目に違和感を感じていたのだろうか。緑内障は罹った人にしか分からない苦悩があるに違いない。

 

当時の俺は父のそんな思いは知る由もなく、がみがみ言われるが怖いなという印象だった。今となってはこれが感謝の気持ちに変わるのだから、成長したなと思う。

 

今、俺は父に少しづつ調べた知識を紹介している。一気に出すと情報の取捨選択が難しくなるってのもあるし、一朝一夕で良くなるものでもないし。

 

そんな俺が父へのアドバイスで参考にしているのがこのサイト。

 

緑内障についての見識や対処を知るにはとても参考になるサイトだ。

 

父にはこれからも俺の子供、つまり孫の成長を見てもらいたいし、余生を充実したものにして欲しい。

 

だからこそ、緑内障なんかに負けて欲しくない。全力でサポートするぞ、父さん。