競馬と借金とおじいちゃん

俺の上司はこの老人ホームでの勤務が長く、入居者のことを誰よりもよく知っている。

何がすごいって、長いから知っているというレベルではない。

新しい入居者の情報を最初に仕入れてくるのはほぼ間違いなくその上司なのだ。

あの人の情報収集力は一体どうなっているんだ?誰もあの人には逆らえないだろうな・・・。

 

そんな上司から、面白そうな情報を手に入れた。

どうやら、新しく2階に入居したおじいちゃんがなかなかにハチャメチャ人生を送っていたらしい。

 

そんな話を聞いたもんだから、その人の風呂の介助に立候補した。

こんな感じで俺はすぐ上司に乗せられる。自分で言うのもあれだが、なかなかの名コンビだと思う。

 

どんな話なのかとウキウキしながら入浴介助へ。おじいちゃんの見た目は噂とは真逆の、真面目なおじいちゃんを画像検索したらトップに出てきそうな感じだった。

 

とっつきにくいタイプなのかな、と第一印象を受けたものの、ひと声かけてみるとなかなかに饒舌である。

これは当たりだ!と思ったのはここだけのお話であるが。

 

「○○さんのお話ってすごい面白いらしいじゃないですか。」

魔法の言葉発動である。おじいちゃんの口元がニヤッとなった。

 

おじいちゃんが話し始めた。おじいちゃんは真面目そうな風貌に似合わず、ギャンブル三昧だったらしい。

 

しかも賭け方が大胆で、いつもこいつだ!と決めた馬に単勝で1点買い。よく言えば男らしい買い方だが、まあ・・・ダメ男の買い方だよな。それを毎週末やっていたらしい。

当然ながら負けまくるから、お金が足りなくなる。だから借金もたくさんしたらしい。いくら借りたかなんて覚えていない。おいおい・・・

 

今ではあり得ない話だが、昔はある程度なーなーで貸し借りを行っていた業者もいたらしい。本当かよ?笑

 

そして、このおじいちゃんから聞いて初めて知ったのだが、借金には時効があるらしい。

おじいちゃんはこの手を使ってかなりの額の借金を回避してきたとのこと。だから情報を集めてはゆるゆるな消費者金融を狙っては、借金を合法的に踏み倒してきたとのこと。

そういう所での頭の切れを競馬の予想に充てればよかったのに。

 

その内容を思い出そうとしていたら、話の内容とほぼ同じサイトを見つけた。

 

借金の時効に関するサイトはここ!

 

今回老人ホームに入ったのも、ギャンブルから離れさせようとする家族の企みとのこと。

おじいちゃん、俺は家族側の気持ちがよく分かるよ。

 

ギャンブルは自分の能力の範囲でおさめておこうと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*